ピックアップ映像(毎月15日更新)


落ちると先は粉砕機。 ヒヨコたちが見た最後の光景 [閲覧注意]

ベルトコンベヤーに乗せられた大量のヒヨコと受精した卵

彼らは数秒後にグルグルと回転した粉砕機によって肉片に変わる

 日本の民間資格のひとつに「初生雛鑑別師(しょせいひなかんべつし)」というものが存在する。
初生雛鑑別師の仕事は、生まれたばかりのヒヨコの性別を鑑別すること。
「ヒヨコ鑑定士」と言えば聞いたことがある人もいるかもしれない。
ヒヨコの性差は非常に少なく、1日に7,000~10,000羽を仕分けなくてはならない鑑定士は、
相当の集中力がなければ資格を取ることができないそうだ。

羽毛や肛門の違いによってオス・メスを区別してヒヨコを仕分ける目的は、メスであったら鶏卵用、オスであったら食肉用といったように
餌やりなどの飼育環境を変えるためだ。
しかし現在、採卵鶏として最も一般的に飼育されている“白色レグホン”は肉用に向かないため、
オスは種鶏などを除いて多くの場合はそのまま殺処分されるようだ。

その殺処分の方法とは、ミキサーやシュレッダーのようなもので“生きたまま粉砕する”というもの。
ネット上に公開されている殺処分の映像では、数千羽のヒヨコが不要になった殻と一緒にベルトコンベアに乗せられ
刃がグルグルと回った巨大ミキサーへ無常に落ちていくところが収められている。ピヨピヨと鳴く生まれたてのヒヨコは
自身に何が起こったのかも分からないまま死を迎えているようだ。
他にも、数十羽を一カ所に集めて吸われるように粉砕する機械を使ったり、
そのままゴミ箱に捨てられる窒息死させられるといった方法もあるようだ。引用先http://tocana.jp/

関連記事

  1. バイク事故・・。逃亡しようとしたけど足が・・・。

  2. 完全にトラウマ。 遊びのつもりが首吊り状態に

  3. [超閲覧注意] 殺された男の脳と目を・・。

  4. [閲覧注意] 足の膿の摘出映像

  5. [閲覧注意] 焼身自殺? 炎に包まれながら平然と歩く男

  6. [閲覧注意] 目の前に人間が降ってきた

  7. [閲覧注意] 口内で爆発!花火を食ってしまった犬

  8. [閲覧注意] トラックとバスの事故。路上に横たわる遺体

コメント

    • ラッキーパトラ
    • 2018年 3月 27日

    可哀想だけどベジタリアンになるつもりは全くない

      • うさ闇
      • 2018年 3月 28日

      仕方が無いことなのだろうけど・・ね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当ブログ一番人気映像






過去2週間の人気映像15選

PAGE TOP