ピックアップ映像(毎月15日更新)


[閲覧注意] 性転換手術の映像をご覧ください

男性から女性へ。
性転換手術の映像をご覧ください。

身体も心も男性の方からすると非常に痛々しい映像だが、結構興味があったりする

昔から、性転換手術を行なった後は「愛液」は出るのかなと思っていたので
少し調べてみた。

女性器を作るにあたり以下、二つの方法が一般的とのこと。

陰茎会陰部皮膚翻転法
尿道と直腸の間を切ってスペースを作り、そこに海綿体、陰茎、精巣を
除去した陰嚢の皮膚を血流を残したまま移植して膣を形成する。
これを造膣と呼ぶ。

感覚を残すために
動脈と静脈と神経をつないだ
陰茎亀頭の3分の1を移植して陰核を形成する。

感覚には個人差が大きく、また術後約1年間は
神経が未結線のために無感覚である。

性腺も温存するため若干の体液が出るがそれはカウパー腺液であり
女性のバルトリン腺液およびスキーン腺液・子宮頸管粘液(本気汁)
とは質・量が全く異なる。
このことから、性交渉に必要な分泌液が十分でないことがこの手法の弱点である。
また、術後3か月以上の長期間に渡って、
1日2~3回程度定期的にプロテーゼによる拡張ケアを行い、
膣の収縮を抑えることが必要である。

文章が難しくて分からないけど
つまりはチンチンの一部を取って、皮膚で形成するのか。

もう一つは

大腸法
尿道と直腸の間を切ってスペースを作り
下腹部を15cm程度開腹して大腸の肛門側部分であるS字結腸を10数cm切り取り
造膣をおこなう。

性交渉を重視する場合に用いられる手法。
分泌される腸液がバルトリン腺液に似た効果を与えるが
つねに分泌し続けるためにナプキンなどで常時ケアを
しなければならないという欠点がある。

しかし術後の膣収縮が少なく
ダイレーション(拡張すること)が
陰茎会陰部皮膚翻転法に比べて少ない回数で済むという利点がある。

現在では古典的な術法とされ、陰茎会陰部皮膚翻転法が不可能な場合にしかおこなわれない。

どちらの方法でも難しいのは血行の保持であり
うまくいかない場合はその皮膚に血が通わなくなるため
その皮膚組織が壊死して脱落する可能性がある。

なるほどね。専門用語が多すぎてあまり分からないけどなるほどね。
術後のケアが大事なんだな

・・・で、肝心の「濡れるの?」の件。

濡れます。
性交時に女性が出す愛液は
バルトリン腺、スキーン腺、膣内壁の三か所から出されるのですが、勿論私には存在しません。

男性時代のカウパー腺という、(いわゆる先走り汁)が、代用されているらしく
はっきりとは解らないのですが、恐らく尿道口あたりから出ているのだと思います。

濡れ方は、個人差が大きいとは思うのですが、
私の場合はその後はショーツが履けないぐらい、、、(以下略)

一方、膣内に関しては、現時点では濡れることはありません。

前述の尿道口付近の愛液では、膣内までは到達出来ないので、性交の補助にはならないと思います

とのこと。
ぶっちゃけたお話をもっと知りたい場合は

こちらのブログ運営者様が書いてくれているので是非ご閲覧あれ。

男とは違う「イク」感覚も記載されているので興味深い。
来世があるのであれば

女性に生まれたい。

関連記事

  1. [エロ注意] 我慢できないほどの性欲ww パリで撮影されたアホ二人

  2. この変態!! 突如現れた強姦ジジィ!!

  3. 閲覧注意 電車に引かれた強盗

  4. だって男の子だもん。 隣の美乳をチラ見する男子が僕の中で話題にww

  5. 男達の危険な乱闘 ボッコボコにされます

  6. 堂々と強盗。 潔さが成功のコツ!?

  7. [閲覧注意] 列車に跳ね飛ばされる牛

  8. [閲覧注意] ちょっとした悪戯が大惨事に

コメント

    • 匿名
    • 2018年 3月 27日

    ち○こひくついたわ

    • うさ闇
    • 2018年 3月 28日

    分かる。
    医療ってスゴイよなぁ
    手術をすることにより、もっと幸せになって頂きたい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当ブログ一番人気映像






過去2週間の人気映像15選

PAGE TOP